60代から始める珈琲

電気こたつの節電方法

電気こたつの使い方を工夫することで、電気代を抑えることができます。
まずは、設定温度を低めにすることがポイントです。
電気こたつを1日に5時間使用するとして、設定温度を「強」から「中」に変えるだけで、年間48.95kwhの節電になり、お金に換算すると1,080円の節約になります。
また、こたつ布団と共に、上掛けと敷布団も使用することをおすすめします。
1日5時間使うとして、こたつ布団だけではなく、上掛けと敷布団も同時に使用した場合、年間で32.48kwhの節電になり、710円ほど節約できます。
それから、こたつは下半身を温めるものであるため、上半身を温かくすることが大切です。
カーディガンなどを羽織るだけでも温かく感じるようになり、こたつの設定温度を強くすることを防げます。
もし、ストーブやエアコンなどの暖房機器と同時使用するのであれば、設定温度を低めにするようにしてください。
中には、電気こたつに入っていると、ついそのまま寝てしまうという方もいるようですが、電気の無駄になってしまいます。
寝る場合は、こたつのスイッチを切って、布団で寝るようにしてください。
その他、こたつから離れる時にスイッチを切らない方もいるようですが、これも電気の無駄遣いになります。
電気こたつから離れるのであれば、スイッチを必ず切るようにして、無駄な電気を使わないようにしましょう。

このブログ記事について

このページは、adminが2013年6月 3日 10:50に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「カーシェアリングの特徴について」です。

次のブログ記事は「通いやすいメンズエステを選ぶ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。