60代から始める珈琲

2013年12月アーカイブ

レーシックの失敗例

あってはならないことですが、どのような手術でも失敗する確率は0%ではありません。たとえ最高の技術をもってしても、患者の体調やアクシデントによっては何が起こるかわかりません。レーシック手術においても、過去に失敗した例があります。いたずらに怖がる必要はありませんが、可能性があることを知っておくことは大切です。
少し前に、レーシック手術で感染症を発症させた病院がありました。ある病院で手術を受けた患者のうち67人が感染性角膜炎などの感染症にかかってしまったのです。レーシックの評判が高まりつつあった頃でしたので、かならりショックを受けた人も多かったことでしょう。
しかし、この場合の感染症の原因はレーシックの手術や技術そのものではありませんでした。危惧の消毒が不完全であった病院側の衛生管理の不徹底により起こった失敗だったのです。
良くある事例としてレーシック難民があります。手術を受けたために頭痛、めまい、肩こり、吐き気、ドライアイなどの症状に悩まされるようになる人が少なからずいるということです。
手術前まではこれらの症状がなかったのにもかかわらず発症してしった例、以前から症状があったけれど手術ごにひどくなってしまった例などがあります。多くは、視力が安定してしばらくすると自然に解消されますが、中には症状がなく名ならない人もいるのです。
レーシック手術を受ける前には必ず事前の検査を細かく行ってくれる病院を選択することも必要でしょう。また、リスクについての説明を受けることが大切です。

大阪でレーシック眼科を探すならこちらのサイトが情報も多く安心の眼科を選ぶことができお勧めです。