60代から始める珈琲

2014年12月アーカイブ

ウォーターサーバーの解約費用

ウォーターサーバーの利用を開始する前に、念のために確認しておいた方がいいのが解約時に請求される費用です。
長期的に利用するつもりでいても、一応確認しておいてください。
ウォーターサーバーの解約費用は、大きく3種類に分類することができます。
契約年数に応じて金額が変わるタイプ、年数に関係なく一律同額のタイプ、無料のタイプです。

契約年数に応じて請求金額が決まるというのは、利用期間が長いほど割安になります。
長期間の利用を見込んでいる方にはいいですが、もしかしたら短期間で解約する可能性がある場合には避けた方がよさそうです。
引っ越しの予定がある場合は、転居先の地域がそのウォーターサーバーの配送エリア外ということも考えられますし、配送エリア内でも契約し直さなければならないかもしれませんので、慎重に判断した方がよさそうです。

一律同額のタイプは、解約のタイミングに関係なく請求金額が同じですし、サーバーのレンタル料も比較的割安のようです。
他の種類より、支払う合計金額を抑えられそうです。

無料のタイプは、トータルでいくらかかるかということに注目をして比較することが大切です。
解約時の負担はゼロ円でも、サーバーのレンタル料や水ボトル1本の価格が高いなど、他で補てんしている可能性があるからです。
短期間しか注文する予定がない場合は、気兼ねがなくていいのではないでしょうか。

サーバーは、解約をするときに返却することになりますから、そのときの輸送費をユーザーが負担しなければならないかということも、あらかじめ確かめておいた方がいいでしょう。
参考サイト:ウォーターサーバー電気代